【囲い込み】・【売り止め】問題とは?
売主さんの立場からすると、不動産業者によるもっとも迷惑極まりない行為が【囲い込み】と【売り止め】になります。
これにより被害を受けるのは、ほかでもない売主様であります。
先に「不動産業界のしくみを知る」のページでご紹介しましたとおり、不動産業界は情報を紹介し合う「共同仲介」のしくみがあります。このしくみがあることで、不動産の流通は大変スムーズに行えるのです。沢山の不動産会社がつながり、お互いに情報を提供しあうことで買いたい人と売りたい人をマッチングさせることができる、大変素晴らしいシステムなのです。
ところが、自社の利益を優先し、この共同仲介のシステムを適用しない業者がいるのです。なぜかというと、「他社に売らせたくない」からです。自社で売主も買主も見つければ、その収入は倍になりますから、自社で物件を囲い込み、情報を外部に出さないのです。
このほか、利益を最大にしたい不動産業者は、義務なので取りあえずレインズに登録するものの、他社からの問い合わせが入ったとしても「購入希望者がいて商談中ですので案内はできません」と嘘をついて情報を渡さない場合があります。これを【売り止め】といいます。
実際には商談中でもなく、購入希望者もいない状態にも関わらず、せっかくの問い合わせを全て断られていたりすると、売却機会を逃してしまっているかもしれません。安心して任せているつもりでも、売主さんの知らぬ間にこういったことがされていたとしたら、絶句してしまいますよね。これをされると、売却まで不当に時間がかかったり不必要な値下げをしてしまうことが起こってきます。
驚くべきことに、この行為は大手不動産屋でも行われているのです。大手企業だから安心ということはありません。
さらに悪いケースでは、不動産屋から「問い合わせもなく、売れそうにないのでそろそろ値下げしましょう」などと持ち掛けられ、安売りしてしまうなんてこともあります。
これらは不動産売却において一番の問題とされていることといっても過言ではありません。【囲い込み】・【売り止め】によってどのような弊害があるのか、詳しくご説明していきましょう。
【囲い込み】・【売り止め】による最大のデメリットは?
【囲い込み】・【売り止め】により、まず一番に発生するデメリットは「極端に売れにくくなる」ということです。
先にもお話しましたが、囲い込み・売り止めは大手企業でも行われています。立派な事務所に大きな看板。ホームページだって最新のデザインと機能。こんな企業から「よそとの営業力は比べ物になりません」と言われようものなら、ついつい信じてしまいそうですよね。
しかし、いくら大手企業だからといっても全国の共同仲介に参画している不動産会社の総数と比べれば微々たるものです。1社単独で囲い込んで営業してもそれに追いつくことなど有り得ないのです。きちんと業界のルールにのっとり、共同仲介システム[レインズ]で物件を流通させることで効率よく売却をすすめられるのです。
そもそも、「買いたい」「見てみたい」といっている人がいるのに、自社で契約を取りたいがために『嘘をつき、他社を寄せ付けない』こういった工作を行うことは、お客様に対しての完全な裏切り行為であり、許されるものではありません。
また、予想以上に値下げを要求され、応じてしまうことでお客様の予定が大きく狂い、最悪は破綻してしまうことすらありますから、最大限に注意をする必要があります。
まずは売主様自身が囲い込みや売り止めの知識をもつことで、自身の身を守りましょう。
もしかしてウチの物件も…?ご心配があれば是非ご相談を!
これを読んで心配になってしまった売主様はいらっしゃいませんか?
現在、他社に売却を任せているのだけど、問い合わせも入らないようだし一向に売れない…、特に引越しのトップシーズンと言われる春と秋に売れなかった方は、囲い込みや売り止め・高値査定をされている可能性も考えてみた方が良いかもしれません。
(※高値査定については次頁でご紹介する【高値査定】っていい話じゃないの?をご参照ください)
これらが行われている場合はプロである我々が見れば一目瞭然です。
当社は「安心取引」をモットーとしております。契約の強制などはございませんので、安心してお越しください。
そのまま放置すれば最悪の事態を招いてしまうかもしれません、是非一度ご相談ください。